名義変更の仕方、必要書類、手続きの流れ

MENU

車庫証明とは?

車庫証明を取得するまでの大まかな流れ

自動車保管場所証明申請書の書き方

保管場所の所在図配置図の書き方

保管場所使用承諾証明書と保管場所使用権疎明書(自認書)の書き方

車庫証明の全記入例(サンプル)

■ 新車の値引きテクニック

■ 名義変更の仕方

■ 自動車リサイクル法について

■ 車検費用の内訳

■ 相互リンク集1

■ 相互リンク集2

■ 相互リンク集3

トップページへ戻る

○ 新車見積り

○ 簡単無料査定

○ 中古車検索

★ 名義変更の仕方 ★


● 名義変更はどういう時に必要なのか

名義変更は、個人間での売買(譲渡)の場合に、主に必要になります。
名義変更が完了していないと、旧所有者の住所に自動車税が届いたり、トラブルの原因になります。
手続きは、必要書類さえそろえてしまえば簡単です。
業者に依頼すると高額の手数料をとられるので自分でやってみましょう。

詳しくは自動車の名義変更手続き方法へ


● 名義変更はどこに行けばできるのか

ナンバープレートを管轄している陸運支局です。
売主側(譲渡人)と買主側(譲受人)が2人でお互い実印をもって行くのが1番手っ取り早いです。
どちらか一方の人が1人で行く場合は、委任状も必要になりますし、すこしでも記入を間違えると訂正印が必要になるので気をつけましょう。
支局の案内人に聞いて名義変更の窓口に行ってください。

詳しくは自動車の名義変更手続き方法へ


● 名義変更に必要な書類

売主側(譲渡人)

○ 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
○ 譲渡証明書(実印でなければなりません)
○ 委任状(自分でするときは不要、買主側(譲受人)にすべて任せる場合に必要)
○ 自動車検査証(車検証)
○ 自動車納税証明書
○ 自賠責保険証明書

買主側(譲受人)

○ 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
○ 自動車保管場所証明書(車庫証明のことです)
○ 移転登録申請書(各陸運支局の窓口で購してください。OCRシートです。)
○ 自動車税・自動車取得税申告書(各陸運支局の窓口で聞いてください。おそらく敷地内でもらえます。)
○ 委任状(売主側(譲渡人)にすべて任せる場合に必要。)

詳しくは自動車の名義変更手続き方法へ


● 陸運支局に申請に行く前にもって行くものをしっかりチェックしましょう!

● 車庫証明
● 印鑑証明書(譲渡人、譲受人のもの)
● 譲渡証明書
● 自動車検査証(車検証)
● 自動車損害賠償責任保険証明書(期限をしっかり確認!)
● 委任状(ぢちらか一方が一人で申請する場合のみ)
※ 念のためお互いの実印をもっていきましょう。
  (ちょっとでも間違えると訂正印が必要になるので)

以上のものがあれば大丈夫です。
「OCRシート(移転登録申請書)」や、「自動車税・自動車取得税申告書」は、陸運支局内もしくは、支局敷地内で入手可能です。
窓口で聞いてみてください。
記入方法も教えてくれるので言われる通り記入しましょう。
必要な料金は、「OCRシート」がおそらく200円、「自動車税・自動車取得税申告書」を提出するときに印紙代500円が必要です。

詳しくは自動車の名義変更手続き方法へ


● 車検証の所有者欄がディーラーや、モータースの名義になっている場合

これは、よくあることなのですが、車検証の所有者の欄を確認してみてください。
その自動車を購入したときに、登録の仕方によって所有者の欄が、ディーラーや、モータースなどの名義になっている場合があります。
購入した車屋さんにローンが残っている場合、ローンはないけど、その車を登録するときに実印を押さなかった場合などは、そうなっているはずです。
こういう場合に名義変更をする場合は、所有者の名義人の会社に電話をして、『所有権解除書類をください。』と言ってください。
(もちろんローンが残っている場合は、無理です。全額返済してからにしてください。)
そうすれば、すぐに対応してくれるはずです。(印鑑証明、委任状、譲渡証をくれます)
もし、その会社が倒産していて存在しないとなるとかなり厄介です・・・。
私もわからないので陸運支局に相談してみてください。

詳しくは自動車の名義変更手続き方法へ


譲渡証明書

委任状

トップページへ戻る

無料オンライン査定


©2005 naru2.all rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー